『ダンス×旅』で世界を変えた男-中込孝規vol.2

 In sekakimi

【講演者①】vol.2
中込孝規 『世界とつながるダンス教室』代表

〜『ダンス×旅』で世界を変えた男〜

 

世界一周の旅に出る決意をした中込は、4年勤めたベネッセを退職。最低限の荷物だけを背負って、日本を発った。

18か国57都市。1年半の旅の中で、1万人の子供たちにダンスを教えた。その旅の中で得た人の繋がり、温もり。そして多くの学びと気づき。中込が得た様々な経験の中から、少しだけ紹介したいと思う。

 

『世界中に人がいる』

あたりまえのことだけど、知っているのと、実際に会って感じる、というのは全くの別物。「世界は広い」というイメージは、実際に世界を見て回ることで、実際に世界の人々と出会うことで、頭の中だけでなく、肌で感じることができた。

「世界は広い。でも身近にある」

そんな感覚を得ることができたのも、旅の良いところ。

 

『ダンスは最高のコミュニケーションツール』

そう話す中込は、世界中の人々との間にある「言葉の壁」をダンスで飛び越え続けてきた。

ホーチミンで出会ったダンサーとダンスについて語り合った時は、後にそのダンサーがほとんど英語が話せなかったと気づく。言葉ではなく、ダンスを通しての心の繋がりで、人は信じあえると確信した瞬間だった。

ちなみに出発前、中込のTOEIC成績は205点(本人ブログより)だったことが、この言葉にリアリティを持たせる(旅の最初にはフィリピンの語学学校に行ったとのこと)。

 

『自分を変える方法は、理想の人と一緒にいること』

理想の人があつまる環境に身を置くことで、理想(非日常)と思っていたことが普通のことのように思えるようになる。できないと思っていたことが、できそうな気がしてくる。

自分の中の常識が変わったら、あとはやるだけ。きっとできる。

 

 

世界中の人にダンスを教える旅は、その目的のみにとどまらず、日々自分の中にある常識をアップデートさせた。

ただ世界一周をしたダンサーではない。そんな男のメッセージを、ぜひ会場で聴いてほしい。

 

『世界を変える日本人はキミかも知れない【特別講演】』

スピーカー
◇中込孝規 1988年生まれ
(世界とつながるダンス教室 代表)

◇笠間淳 1989年生まれ
(NPO法人若者自立支援塾ONESTEP 理事長)

◇伊藤圭志 1980年生まれ
(一般社団法人世界を変える日本人はキミかも知れない 理事)

 

日時:4月30日(祝・月)
場所:千種文化小劇場
参加費:学生無料、社会人3000円

 

〜わたしたちは、若者の可能性を信じます〜

 

公式HPはコチラ↓
http://sekakimi.org/20180430-nagoya/

 

Facebookイベントページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/512548522464476/

 

Twitter公式アカウント
@sekakimi1010
https://twitter.com/sekakimi1010

 

LINE@でも、イベント情報を発信していきます!
登録はコチラから↓
https://line.me/R/ti/p/%40mua6071j

Recommended Posts